DRIPPER

HARIO
HARIO
HARIO

HARIO/ハリオ V60 透過式ドリッパー

円錐型 穴数1個

僕が一番使用するドリッパー。円錐型の特徴はコーヒーとお湯が触れ合う時間が長いので、しっかりとした抽出ができると言われています。
同じ円錐型のコーノ式ドリッパーと比べてもハリオのドリッパーは穴が若干大きくて、お湯を注ぐ量を調節することによって、味わいも自分の好みにだいぶ近づけることができる万能タイプだと思っています。早く注げばスッキリとした味わいに、ゆっくりと注げばしっかりとした味わいが楽しめます。
また、 コーノ式ドリッパーとの違いにリブがあります。リブと呼ばれる線というか溝というかです。ハリオのドリッパーの場合は渦巻き状のラインによって空気を抜けやすくしているので、コーヒーを膨らませることがないです。(僕は、膨らませること自体が、豆の鮮度や技量の良し悪しだと思い込んでいたことがありました。ま、それも一つの目安ですが、ハリオのドリッパーは綺麗に膨らませるには不向きですね。)
また、僕がよく利用する理由に、一番出回っているというのが挙げられます。たくさんのラインナップは様々な顧客のニーズにヒットしやすいでしょう。スーパーなどにも並んでいますし、今後もたくさんの工夫のなか変化して行くんじゃないかと、個人的に応援したくなる会社ですね。
www.hario.com

Kalita
Kalita
Kalita

Kalita/カリタ コーヒードリッパー

台形型 穴数3個

これから、実戦において親しみをもって使っていこうとしているカリタのドリッパー。
このドリッパーは穴が 3個あることが個性と言っても良いものだと思います。抽出スピードは僕が普段用意しているドリッパーの中で一番早く、クリアでスッキリとした味わいにしやすいといった特徴があります。
台形という形状もそうですが、やはり3つ穴ということでその抽出速度に合わせて湯量を調節するにはちょっとしたテクニックが必要になりそうなドリッパーです。
移動販売という、限られたスペースで作り、また寛ぎのあるスペースがほぼ無い中で、注文を頂いてから提供するにあたり、やはりスピードは魅力であります。
http://www.kalita.co.jp/

KONO
KONO
KONO

KONO/コーノ式ドリッパー

円錐型 穴数1個

ハリオのドリッパーのと同じ円錐型の一つ穴。 ハリオよりも穴は若干小さくて、特徴でもあるリブ。
コーノ式ドリッパーはドリッパーの下部にしかリブがなくてリブの無いフラットな面にフィルターがピッタリとくっつきます。これにより、コーヒーの流れが中心に集中するようにと作られています。
ハリオに比べてコーヒーの香りや風味が強く出やすい。濃いめの味が好きな方向きなのでしょうか。
コーノ式と書いてある通り、お湯の注ぎ方ひとつにもやり方が存在します。その濃くて美味しい味を楽しむには、カリタの倍くらいの時間が必要かと思います。
スッキリとした味わい、苦味雑味が苦手な方には、このコーノ式で濃いめに抽出したコーヒー液をお湯で割って飲むことを勧める方が結構いらっしゃいます。ま、僕もですかね。
coffee-syphon.co.jp

メリタ
メリタ
メリタ

Melitta/ メリタ アロマフィルター

台形型 穴数1個

コーヒードリッパーについて調べていると、必ず行き着く物語。
1908年ドイツにてメリタ・ベンツさんが
世界で初めてペーパードリッパーを考案して、ビジネスを始めたと。。。
その後改良に改良を重ね現在の形にたどり着きましたと。。。

メリタの 何年もの改良の結果1つ穴抽出。
ドリップのスピードが一定なので、誰が抽出しても深い味わいと豊かなアロマを楽しめます。
この、誰が抽出しても安定した味わいを楽しめる。それがメリタの魅力の一つなのでしょうね。
基本的には、毎回同じ量の粉と、お湯があれば難しい技術もなく、このフィルターが調節してくれます。
初心者の始めの一台に良いかもしれませんね。
メリタ社では、ノーマルのフィルター、とアロマフィルターがあります。
アロマフィルターは穴の位置がノーマルのフィルターよりも高いところにあり、その高さ分蒸らしを自動的にやってくれます。ノーマルフィルターは蒸らしが必要ですが。。。
安定したお湯量のを意識して、決められた量まで一気に注ぐだけです。
ぜひ一度、お試しください。
mellita.co.jp

メリタ
メリタ

エアロプレス

注射器のような圧力で、抽出する器具

このエアロプレスだけを使ってカフェ営業しているお店が都内にもあります。

また、このエアロプレスでの抽出は世界大会等も行っていて、新しいスタイルとして確立しつつあります。

購入する同封されてくる説明書によると
エスプレッソ用よりも荒いくらいの細引きのコーヒーの粉を、ペーパーフィルターを底部にセットしたチャンバー(大きい方のシリンダー)の中にいれる。
約75〜85℃のお湯をコーヒーの粉の上に注ぐ。
約10秒間かき混ぜたのち、プランジャーをはめる。
フィルターペーパーでコーヒーを濾過するようにプランジャーを下方向へ押し下げる。
と書いてあり、僕もその通りにやってみると、
ドリップコーヒーとエスプレッソの中間の濃さのコーヒーが抽出された。
しかも、時間にして1分前後でしょうか。
このエアロプレス。豆の煎り具合、挽き具合、粉の量、お湯の温度、湯量、抽出時間を変えていけば、
簡単に自分のオリジナルのレシピができあがるのでしょう。
オリジナルではなくても世界中のユーザーたちが自分たちのレシピを公開していますので、
そのレシピに沿って作る楽しみ方もあります。
今後ますます楽しみな、伸びしろを感じる抽出器具ですね。


ちなみにですが、移動販売車での利用は、衛生上1日、一回ですかね。(現在一台しか持っておりませんので)
お客様の要望があればその都度台数を増やして対応していきますが、
ゴム部やフィルター周りなど一度使用したものを
車の中で洗うということはできませんので、ご了承ください。。

メリタ
メリタ

フレンチプレス

金属製フィルターで濾すシンプルな抽出

エアロプレス同様、移動販売車の中での取り扱いには制限が出てしまいますが、
この器具に関しても、個人的な感想を書き出してみようと思います。

フレンチプレスといえば BODUM ボダムが有名かな?と個人的には思っています。
ただ、僕はまだこの写真の一台しか持っておりませんが・・・。
フレンチプレスとペーパードリップの主な違いに、コーヒーオイルの存在があります。
フレンチプレスは、雑味もオイルも粉塵などもまとめて全部いただくスタイル。
現時点では、スペシャルティコーヒーの認知も増えていて、
良質な、そしてこだわりのある豆にも出会いやすくなっています。探せば必ず出会えます。
お豆のテイスティングをするのに、冷めてもお豆の個性が出やすいといったところから、
フレンチプレスを利用している店舗もあります。

デメリットでもある粉っぽさが気にならなければ、普段の家飲みでもオシャレ感があるアイテムなのではないでしょうか。また、ペーパーフィルターを使わないので長い目で見ても経済的でもあります。

そして、やっぱり粉っぽさが気になる方は、ペーパーフィルターの使用されたドリッパーをお勧めします。